【活動報告】インクルーシブな遊び場づくりー海の中道海浜公園ー


海の中道海浜公園が華やぐ3/19~5/22、春の開催が無事終了いたしました!


道しるべとなったカモメの風見どりが、全速力で泳いでいた海風気持ちいいプレイパーク。週末はたくさんの方々にご参加いただき、海の中道海浜公園のみなさんと共にプレイパークを開催しました。



自分のペースで感じ取れる、それぞれのワクワク

ドキドキするロープ遊びから、お絵かきやパチンコづくり、ゆったりおままごと、ボール転がし、昔あそびなど。ゆっくり過ごしたい人もいれば、ドキドキを感じたい人も。それぞれのペースで「やってみたい」と手にとり楽しむ姿が見られました。


子どもも大人も楽しい!世代を超えた「みんなの遊び場」

大人が、幼いころに夢中だったフラフープ、コマ回し、竹馬をチャレンジする姿もたくさんみられました。大人と一緒にチャレンジすると子どもも楽しい!そんな、子どもだけの遊び場じゃない世代を超えた「みんなの遊び場」となっていました。


気候や人で日ごと創り変えられるおおらかな場所

気温や天気、そして関わる大人によっても、遊びの種類や場の雰囲気も変化するもの。おおらかに余白を用意して、参加するみなさん、公園スタッフ、プレイワーカーとで、日ごとに臨機応変に創り変えられる場となっていました。


本来、プレイパークとは「あらゆる子どもたちが遊びを通じて育ち会える場」であることに違いはありません。世代や子どもたち同士の壁を外し、ゆるやかに受け入れる海の中道海浜公園でのプレイパークは、季節がいい秋頃、再開の予定です。

次回もまた、新たな出会いを楽しみしています。